おしゃれで脳トレ

筋トレ、脳トレ

まずは、認知症を知ることから始めましょう

65歳以上の4人に1人が認知症!ということを耳にすることも多くなってきました。

しかし、関心がなければ、スルー。頭の片隅にも残りません。

でも、これって大変な数字なんです。今の人口ピラミッドを考えるとシニア層が多くを占める今の日本、昨今の高齢者ドライバーの事故のニュースを見ても人ごとではいられないことがわかるでしょう。

そこで、国をあげて、寝たきりや認知症など介護の必要な高齢者を増やさない、どうにかして減らして、自立したお年寄りを増やそうと新オレンジプランを立ち上げています。

この認知症、「認知症」とひとくくりにまとめられていてますが、実は1種類ではありません。

よく知られたアルツハイマー型をはじめ、血管性(脳血管障害型)、レビー小体型、その他があり、治療の仕方も薬も違ってきます。

ここでは、認知症の約6割を占めるアルツハイマーを例にすると、現在4種類ほどのお薬があり、適切に使うことで、進行を抑えたり、遅くしたりすることができます。ただ、どのタイプかをきちんとみきわめ、それにあった薬や治療をしなければ、効果が得られません。

 

アルツハイマー型は、その発症までに20〜30年かかりますが、軽度の認知記憶障害(MCI)の段階で食い止めることができれば、日常生活もおくることができ、最近の研究では、認知症は予防ができるということがわかってきています。

予防に良いとされることは大きく2つ、

1つは体を動かす。つまり、運動をすること

そして、もうひとつは脳を活性化するようなことをすること

私は、これをわかりやすく「筋トレと脳トレ」と伝えています。

この2つを組み合わせて行うのが、良いとされていますが、これをやれば絶対というものはなく、いろいろなことをやってみる、自分に合う楽しくできるものを探すというのも必要です。

私は、その選択肢の一つとして、「脳トレ」の部分におしゃれの活用を進めています。

多くの女性が大好きな「おしゃれ」で予防ができたら、毎日、手軽に行えて、綺麗になれて、ほめられて

素敵なことだと思いませんか?

今日のお話はここまで。続きは次回のブログで。

2016/11/20   Masumi Iwai

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
お気軽にお問い合わせ下さい

info8@iridescence.jp